【動画】中国でUFOが墜落!?数字が刻まれた謎の金属片を発見!

12月12日、中国・陝西省の張家鎮村にて空から何かが墜落、地面に大きな穴を開けるという事件が起きた。

クレーターの規模は1m×50cm、人家の多い地域をかすめ、山肌に墜落したとされている。墜落の様子は多くの人に目撃されており、人々が墜落現場に駆けつけたとき、クレーター周囲は焼け焦げ、内部はまだ火がくすぶっていたという。そして、周囲やクレーターの底には金属部品と思われるものが散乱していたという。




金属部品はいずれもさほど大きくなく、焦げた部分や熱で変形したと思われる箇所が多数見られたという。また、一部の金属部品には、数字が書かれているのが確認できた。

近隣の村人の証言によれば、問題の物体が墜落してきたのは12日の午後1時過ぎ。飛行機がたてるような低い轟音が聞こえたかと思うと、急に謎の物体が山へ向けて落ちていったという。なお、現場近くにいた人は、衝撃で近くの枯れ草が燃える様子も確認できたと証言している。

果たして、この物体は何なのだろうか。

人工衛星の一部や、打ち上げられたロケット等の部品が大気圏突入でも燃え尽きることなく落ちて来たものではないかとする意見が出てきている一方で、UFOが墜落したのではないかとする見方も強いようだ。なぜなら、問題の破片の形状が円盤形であったり、既存の人工衛星などの破片に同様の形状の物が未だ確認されていないためだ。




現在、問題の破片は回収されてしまったようだが、公開された現場や破片の画像などから多くのUFO研究家たちが検証を行っているという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Did UFO crash to Earth? Metal parts found after falling object leaves burning crater

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る