木村拓哉、ラジオレギュラー番組名は変更なし!背景にみうらじゅんの影響?

木村拓哉が長年メインパーソナリティを担当しているFMラジオ番組「木村拓哉のWhat’s Up SMAP!」が12月31日のSMAP解散後もタイトルの変更なく続行されることが発表された。

木村は番組タイトル変更については「以前から考えていた」といい「スタッフ・ファンから変える必要はないという意見もあったので」と理由を述べた。

本番組は木村がテレビでは絶対に見せないカジュアルな語り口が好評を呼んでおり「SMAPの中には『Sadist(サド)とMasochist(マゾ)』という意味も含まれているんですね。 だから、ちょっと変態なんですよ、このラジオは」と木村拓哉が「SMAP」の名前でラジオを続ける意味を改めて明かした。




しかし「SMAPのなかにはサド・マゾが入っている」という説は木村が初めてではない。

実は2016年11月22日に放送された稲垣吾郎の番組「ゴロウ・デラックス」にてゲストのみうらじゅんが「SとMの判断基準とは何か」の質問に対し「SとMはSMAPのなかに入ってるからね」と語っていた。

実際に木村拓哉が「ゴロウ・デラックス」を見ていたのかは不明であるが、奇しくもSMがらみの同じメッセージを伝えることになったのは面白い。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る