【動画】オリオン座大星雲の近くを飛行するUFO!?

UFOらしき謎の飛行物体の姿は、主に地球上で目撃される事が多いが、天体望遠鏡や探査衛星などによって、月や火星など他の天体や惑星の上空を飛行している様子が捉えられる事もある。

以前本アトラスでも紹介したが、探査機が木星の近くで謎の物体をカメラに捉えた事もあった。また、小惑星の上に着陸していたケースも存在している。




今回撮影されたUFOは、恐らく地球から一番遠い所を飛行していたものではないかと見られている。

12月11日、海外のUFO研究家らが探査機や衛星写真から発見したUFOは、なんとオリオン座の大星雲付近を飛行しているものであった。形状は黒い葉巻型で、光を受けて輝いているためちゃんと立体物である事が解る。一説に、葉巻型UFOは他の円盤形UFOと比較すると大型でありUFOの母船であると考えられているため、このUFOも距離を考慮するとかなりの大きさがあるとみられている。

勿論、このUFOと見られる黒い物体がレンズに付着したゴミなどである可能性も考えられるが、他の写真には同様のUFOは写っていない。そのため、やはりオリオン座大星雲が明るく見えるこの位置の近くを飛行中だったのではないかとする意見がUFO研究家からは出てきている。




地球とオリオン座大星雲は約1300光年離れている。今回はおそらく偶然捉えられてしまったのだろうが、もし本当にUFOであった場合、これほどの距離から地球までやって来ていることになるのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
WOW Giant Cigar UFO Near The Orion Nebula, Captured By Telescope 9.25 (4K)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る