地域限定オカルトタウン誌「銚子スポーツ」妖怪博物館でも配布中!

地域密着型で、地域のイベントやお得情報などを届けてくれるタウン誌や地方紙。

そんな地方紙の中で、変わった記事のラインナップと内容で現在注目を集めている地方限定紙が存在している。

千葉県銚子市で発行されている、その名も「銚子スポーツ」だ。紙面トップを飾るのは銚子のUFO関連記事。そう、時折オカルト関連のちょっと変わった記事が紙面を騒がせる「東京スポーツ」をモデルに紙面構成を行っているのだ。なお、実際に近年目撃されたUFOの写真を使うなどの念の入れよう。また実際に東スポ公認で紙面構成を行っている公式パロディデザインでもあるのだ。




この銚子スポーツは基本、銚子市内では無料で配布されているものだが、興味を持つ人も多く、市外からも設置・配布販売ができないかという声も挙がっている。

お台場の山口敏太郎の妖怪博物館では、この銚子スポーツを特別に配布。最新号も含めた3号を店頭に置いている。なお、数量限定での配布となるので、早い者勝ちである。欲しい人や興味のある人はぜひどうぞ!

関連記事
タウン誌に異端児現る!?オカルト情報も満載のタウン誌「銚子スポーツ」6月下旬創刊!
山口敏太郎氏がプロデュース!オカルト専門タウン誌「銚子スポーツ」創刊!2016年05月25日 16時00分





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る