撮影者を襲撃!「吸血エイリアン」がカメラに写った!?

未確認生物の中には、正体が実は宇宙人や異星からやってきた生物ではないかとされるものもある。

近年では未確認生物にカテゴライズされることも多い「フラットウッズモンスター」は、以前は「3メートルの宇宙人」としてオカルト関連の書籍等で紹介されていた。また、本アトラスでも何度か紹介しているアメーバのように姿を変えながら飛行する「スペース・クリッター」等も大気圏外、宇宙空間に棲息しているという説がある。




南米を中心に今でも度々目撃証言が出てきているチュパカブラも、見た目が似ているという事で異星からやって来たのではないかという説がある。

確かに有名な目撃証言を元にしたスケッチでは、大きなつり上がったアーモンド型の目に小柄な体と、グレイ型エイリアンに毛皮を足して凶暴そうな見た目にしたような姿をしているからだ。そんなチュパカブラか、はたまたグレイ型エイリアンの姿を捉えた!?とする写真がイギリスで撮影された。

問題の写真はイギリスのデボン州にて撮影されたものである。

撮影者は夜間に幽霊が出ると言われている場所を調査に訪れていたアマチュアの心霊研究家で、現地調査を終えて夜の公園から去ろうとしていた所だったという。公園の中にある小さな森から出ようとしたとき、彼は遊歩道の反対側に奇妙な生物がいるのを発見した。

それは小柄で頭と目が大きく、貧弱な体で灰色の肌をした、まさしくグレイ型エイリアンそのものだったという。

彼はすかさず手にしていたカメラを向け、写真を撮影することに成功した。




だが、そのエイリアンらしき生物は彼の気配を察知したのか、彼の方を向くと空に浮かび上がり、跳ねるようにして彼に飛びかかってきた。そして、彼に襲いかかり噛みついて血を吸ってきたというのだ。

彼はなんとかこの生物を振りほどき、慌てて逃げ出したという。

グレイ型エイリアンに遭遇した人の体験談は多いが、このように襲いかかってきたという事例は少ない。むしろ体験談としてはチュパカブラに襲撃されたという事例とよく似ている。

彼が目撃し、撮影したものは何だったのだろうか。やはりエイリアンとチュパカブラには何らかの関係があるのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Ghost Hunter CAPTURES Blood Sucking Alien on CAMERA!!

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る