【恐怖都市伝説】中森明菜が本番中「連続女児殺害事件」予言!?

有名な芸能都市伝説に「中森明菜の予言」という話がある。

歌手の中森明菜は、1989年に起こった「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」を予言しているという。




これは同年に放送されたとんねるずの「ねるとん紅鯨団」の番組中で司会の石橋貴明が、

「明菜さん、理想のタイプは?」

と聞かれた際、中森明菜は

「ミヤザキツトム」

と答えたのだ。

これは俳優の「山﨑努」の言い間違いであるのだが、その数日後、数人の女児を連続殺害した青年が逮捕される事件が発覚。

そう皆さんお察しの通り、その青年の名前は「宮崎勤(ミヤザキツトム)」である。

なお、この回の「ねるとん紅鯨団」は謎の放送事故が起こっており、急に画面が止まったり、早送り早戻しが連続して行われるなど、放送は混とん状態に陥った。




当然、この回の放送は後日、再放送の処置がとられたのだが、再放送日は「6月17日」であった。

偶然にもこの放送から19年後の2008年6月17日、宮﨑勤の絞首刑が行われている。

上記の事件はあまりに出来すぎていることから、怪しい都市伝説として伝えられているが、中森明菜の「ミヤザキツトム発言・放送事故」は紛れもない事実である。

あの放送事故は宮﨑勤の心の乱れが引き起こしたものだったのかもしれない。

(文:横須賀小禄 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

中森明菜



関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る