至近距離で獣人を撮影!?監視カメラを隠そうとするビッグフット!





目撃証言も多く、写真や動画も多く撮影されているビッグフット。

一番有名なものは森の中へ入っていく姿が捉えられた「パターソン・フィルム」だろう。だが、件の動画は現在ではフェイクであるという説が濃厚になっている。

本アトラスでも、近年撮影されたビッグフットを捉えた動画や写真を紹介してきたが、いずれも非常に遠景であったり、ビッグフットらしきものの姿も小さいものが殆どであった。

そんなビッグフットの姿を至近距離で捉えた!?とされる動画が発見されて話題になっている。




撮影された場所はアメリカのカリフォルニア州北部にあるセコイア国有林だ。

このカメラは森に仕掛けられた監視カメラの一つであり、この近辺でマリファナを栽培していた人物が逮捕されたときに警察が発見した。監視カメラが本来設置されていた場所とは違う所に転がっていたため、動画を再生してみた所、そこにはカメラを頃がし、草で隠そうとする奇妙な生物の姿が映っていたのである。

画面には茶色い剛毛に覆われた腕や体の一部が見え隠れし、一瞬だけ顔のような物が映り込んでいる。カメラがこの生物の手によって動かされているため、なかなか全容がつかめないものになっている。

この映像はYoutubeを中心に公開され、生物の正体に関して様々な意見が出てきている。

森に住むクマではないか、とする意見もあるが、クマとは体つきや毛皮の色が違う等の声も出てきており、またこの国有林では過去にも毛むくじゃらの獣人が目撃されたことがあるため、やはりビッグフットの姿が映ってしまったものではないかとみられている。

だとすれば、ビッグフットはなぜカメラを転がしたり草の下に隠そうとしたのだろうか。もしかすると、カメラがどういうものなのか知っており、自分の姿を映されまいとして隠そうとしたのではないか…。

今もこの動画は、アメリカを中心としたUMA研究家やファンによって検証が続けられている。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Shocking footage captures ‘Bigfoot burying police surveillance cam’

https://www.youtube.com/watch?v=he5rWbLTkL8

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る