麻原長男が四女に殺害メール!?遺骨は太平洋に散骨、神格化を阻む





2018年7月6日にオウム真理教の元教祖、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚が死刑を執行された。

その後、荼毘に付された麻原の遺骨の受け取りをめぐって、麻原の妻と三女アーチャリーが四女が対立していた。

現在、東京拘置所は麻原の遺言に基づき、四女に引き渡す予定であるという。

関連記事
警戒せよ!『麻原は救世主』『12人の弟子は十二使徒』勝手な妄想広がる…
麻原の遺骨も高額!?かつてオウム真理教で販売されていた「尊師の一部」




四女の代理人・滝本太郎弁護士は、遺骨を太平洋に散骨すると表明した。

山に撒いたり、墓に埋葬したりするとその場所が聖地となる可能性が高く、神格化を阻止するために太平洋に撒くと表明したのだ。

これらの動きを受けて、三女アーチャリー側についている長男から四女がSNS上で殺害予告をうけたとして、滝本弁護士を通じて警察に告訴状を提出したことも判明した。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『日本の黒い夏 [冤enzai罪] [DVD]




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る