地上に雲が降りてきた!?アメリカの道路を「小さな雲」がひたすら漂う…





風に流されながら空に浮かぶ、雲。ふわふわとしたその様子に、上に乗れたり触ることが出来たならば、どれだけ気持ち良いだろうかと考える人もいることだろう。

そんな雲がなんと地上で漂っている様子が確認された。

こちらがその様子を捉えた動画だ。アメリカ国内で撮影されたものという事は分かっているが、正確な場所は判明していない。

関連動画
The Moment A Cloud Is Filmed Moving Along The Road Before Ascending To The Sky






道路上で車が行き交う横を一抱えほどもある綿のような謎の塊がふわふわと漂っている様子が動画に捉えられている。雲は車が通りすぎたりする際の風に流されながら、路肩をふわふわと移動しているようだ。

この動画は6月に撮影され、22日にオカルト関連の動画を多くアップロードしているYouTubeチャンネルThe Hidden Underbellyにて紹介され、注目を集めることとなった。

動画を視聴した人の多くからは「この塊の正体は一体何なのか?」という声が上がっていたが、一部の人から「工業用洗浄に用いる石けんの泡ではないか?」とする意見が出てきていた。つまり、どこからか流れてきた泡が雲の正体だったのではないかというのだ。




他にも工業用の綿ではないかとする意見など、雲がそのまま下に降りてきたのではないだろうという冷静な意見も寄せられていた。

実際、2016年にモロッコで大量の泡がどこからか飛んできて、まるで町中に大量の雲が出現したように見えるという現象が起きていた。今回アメリカの道路に迷い込んだ「雲」も、同様のものだったのかもしれない。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©The Hidden Underbelly 2.0 YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る