【悲劇】ワールドカップ予想的中タコ「ラビオくん」、ゆでだこにされ出荷!





アトラスでも特集をしたが、サッカーのワールドカップ・ロシア大会の勝敗を占う動物が世界中で現れ大変なブームになっている。

まさに現代版の妖怪「くだん」である。北海道ではミズダコ「ラビオ君」 が人気を集めており、なんと日本の一次リーグ戦すべての結果を的中させた。

関連記事
開幕戦を見事的中!W杯ロシア大会は「予言猫」アキレス君にも注目!?
日本VS.セネガル戦、勝利はどちらの手に…超能力動物たちの占い結果は!?




ラビオ君の占い方は、子供用プールにラビオ君を入れ、『日本の国旗』『対戦相手の国旗』 『引き分け』という3種類の旗を選ばせる手法であった。

ラビオ君は19日、 北海道小平町沖合で水揚げされたもので、漁師の阿部喜三男さんが地元の特産品を広く知ってもらうために、始めた半分洒落の企画であった。ところが予想が的中するにつれ、見物人やマスコミが押し掛ける騒ぎになった。

しかし、残念ながらラビオ君はだいぶ弱ってきたため、鮮度が良いうちに出荷しようと判断され、ゆでだこにされ販売されてしまった。

この悲報に、地元に批判が殺到したが、まずは冷静になってほしい。ラビオ君は漁師の生活の糧である。批判することは気の毒ではないだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る