実物は存在した!?「スナッフフィルム」に関する都市伝説





 スナッフフィルムとは、殺人の様子を撮影したフィルムで、都市伝説ではよく語られる話である。

 漫画家の日野日出志が監督を務めた「ギニー・ピックシリーズ第二弾血肉の華」(1985年)を本物の殺人を記録したビデオだと勘違いしたチャリー・シーンがFBIに提出したという都市伝説?も語られている。

 また、アメリカでは「kidnap.mpg」というブロンドの女の子が銃で射殺されるビデオがあるのだが、このビデオが本物であるという噂が広がっている。犯罪現場検証の専門家であるアレクサンダー・ジェイソンがこのビデオが合成画像であると鑑定したが、ジェイソンそのものがスナッフフィルムの存在を隠したい組織の回し者ではないかという意見さえ出る始末である。




 なおこのギニーピックは、1985年に第一作『ギニーピッグ 悪魔の実験』が発売されて以来、カルト人気を誇っていたが、あの幼児連続殺人事件の宮崎勤がコレクションに加えていたこともあり、幼児殺人の動機となったのではないかと批判をあび、販売やレンタルが自粛された。また、宮崎勤本人も、幼女を殺害しているシーンを撮影しているとか、女の子の手首を食べるシーンをビデオ記録していたとか、多くの不気味な噂につつまれている。
  
 なおこのギニーピック自体が、数々の都市伝説を生んでいる。

「実は本当の殺人が収録された裏・ギニーピックが存在するとか」「イギリス青年が、自国にこのビデオを持ち帰る際に英国の税関でスナッフビデオと勘違いされ、逮捕されたとか」「ギニーピックに出ている役者さんに不幸な出来事が起こっているとか」「ギニーピックの人体解体シーンの撮影に使ったベッドを川に遺棄したところ、警察に通報され、関係者が拘束された」等々、その都市伝説の広がりは、際限が無い。

(山口敏太郎/ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る