【実話怪談】「黒い女の人」(前編)

これは筆者のもとに度々怖い体験談を送ってくれるSさんから聞いた話である。

Sさんがまだ小学生の頃の事。ある授業の時間、暇をもてあましたSさんは窓越しにぼんやりと外を眺めていた。すると、黒い服を着て、黒いベールを被った女の人が歩いているのを目撃した。

Sさんはきっと保護者の人なんだろうなと思っていた。




数日後、クラブの帰りに一人で昇降口に居ると、この前見た女の人が立っていた。その日も女の人は黒い服を着て、黒いベールを被っていた。目元はベールに覆われて見えないのだが、どうやこちらを見つめているようだった。

この人この前見た人だなと思いつつ、Sさんが帰ろうとしていると、昇降口に風が吹き込んできた。すると、それと同時に不思議なことが起きた。女の人が消え入るように姿を消してしまったのだ。

その瞬間、Sさんは全身に鳥肌が立つような思いがした。

ベールの隙間から見える口元が、ニッと笑っているのが見えたのだ。Sさんは怖くなって急いで家に帰った。




それから、Sさんはその女性を校内でよく見るようになった。校内の様々な場所でSさんの前に姿を現し、その度に目の前から消えるように姿を消した。

Sさんは黒い女性のことをとても人間だとは思えなかった。あんなものを見るなんて、自分はおかしくなってしまったのかと思うようになった。誰かにこの事を相談したいが、こんな話を友人にして変な風に思われるのも嫌だった。

そこでお姉さんに相談してみることにした・・・

(※続く)

(監修:山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る