お犬様を祀る「三峯神社」、他にもパワースポット!龍神の石畳・神乃山水





 先日、本アトラスでは戌年にお参りしたいパワースポットとして埼玉県秩父市の「三峯神社」を紹介した。

 三峰神社境内で近年、参拝者の熱い視線を集めるラッキー・スポットがあるのをご存知だろうか。

 2012年、本殿の近くの石畳に突如浮かび上がった龍神の姿がそれだ。

 白っぽい敷石に濃い目のコントラストで、長くたなびく髭、赤い目の付いた頭、鱗とたてがみの生えた胴と続くのが見て取れる。言うまでもなく龍は瑞祥(「瑞」は「めでたい」、「祥」は「吉兆」といった意味)である。また、登竜門の伝説にちなみ、出世のパワーをあやかりたいとその縁起のよい姿を拝む人は絶えない。




 実は三峰の山中には龍洞と呼ばれる深い井戸があり、昔から水分神が祀られ竜神が棲むという。石畳に浮かび上がった模様が龍の形を取ったのは、偶然というより必然なのかも知れない。自然の生み出す芸術美には驚かされる。

 なお、龍洞の井戸の水は「神乃山水」と呼ばれ、三峯神社授与所にて常時頒布されているが、毎年一月の大寒の日に汲まれた神乃山水は特に「寒乃水」といい、古来より珍重されている。ただし「寒乃水」は予約限定なので注意されたし。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©三峯神社 公式HPより

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る