【都市伝説】『みなさんのおかげでした』終了は冗談…怒涛の展開が待っている!?

お笑いコンビ・とんねるずが出演するフジテレビ系の長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、来年2018年3月をもって番組終了となることを12月7日の放送回にて発表された。

この日のエンディングでは、とんねるずの二人が業界人コント風のやりとりで番組の終了を発表。ラストには「2018年3月 とんねるずのみなさんのおかげでした 堂々完結!」とのテロップが映された。

『みなさんのおかげです』終了のウワサについて、ATLASでも11月3日更新の記事にて報じていたが、これまでは一部スポーツ紙の報道のみで、フジテレビからの公式発表は今回が初めてだった。




本番組は1988年10月に『とんねるずのみなさんのおかげです』としてスタート。以来、『ラスタとんねるず』『とんねるずの本汁でしょう!!』などタイトルを変えながら、97年6月より現在のタイトルとなり、テレビ史上類を見ない足掛け30年のレギュラー放送として人気を博していた。

ところが、一部では今回の『みなさんのおかげでした』の終了は番組側が仕掛けた「ウソ企画」で、実際には番組は2018年3月以降もタイトルを変えて続いていく可能性があるのではないか、とのウワサがある。

現に97年3月に『とんねるずのみなさんのおかげです』が最終回を迎えた際には、とんねるずたちは番組内でしきりに「最終回です!」と吠えていたが、翌々週からは何事もなかったかのように『とんねるずの本汁でしょう!!』がスタートしていた。

つまり『みなさんのおかげです』最終回は、番組側が視聴者へ用意した「ドッキリ企画」のようなものであったのである。

そのためネットでは早くも『みなさんのおかげでした』の次の番組タイトルとして『とんねるずのみなさんのおかげですね』または『とんねるずのみなさんのおかげですよ』のような番組が始まるのではないかとウワサになっている。




考えてみれば、とんねるずは1991年に『とんねるずのみなさんのおかげです』の番組内で「木梨憲武、盲腸で死亡!」なるニセ情報を平然と放送し、視聴者たちを大混乱に陥れた前科のあるお笑いコンビである。

今回の『みなさんのおかげでした』終了も「とんねるず一流のジョーク」の可能性も否定できないと、業界およびファンの間で話題になっているようだ。

さて、真相は来年の4月まで持ち越しである。

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 vol.6 「シーズン1ファイナル~穴と哀しみの果てに~」 EPISODE15 [DVD]』より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る