呪いを受けて亡くなった作曲家の姿が妻の前に現れた?ドヴォルザークの幽霊

以前、本アトラスでは「交響曲9番を作ったものはベートーベンの怨霊に呪われる(」という作曲家に纏わる因縁を紹介した。

この交響曲9番の呪いにかかって死亡した作曲家は多いのだが、彼らもやはり呪いで死んでいくのは無念であったのであろうか。この呪いで亡くなった作曲家の一人、ドヴォルザークも亡くなった後に幽霊が目撃されている。



いささか眉唾の話だがフォークロアとしては興味深い怪談なのでここで紹介する。

「謎の怪奇ミステリー」(にちぶん文庫 平成6年3月25日)によると、ドヴォルザークの死後、彼の幽霊がアイルランドの首都ダブリンで目撃されているのだ。

ダブリンに長年住むカーリア夫妻は、ロンドンから久々に訪ねてきた友人と一緒に、楽しいひと時を過ごしていた。その友人は音楽家で、若い頃プラハに留学し、ドヴォルザークとは机を並べて学んだ中であるという。

夫のカーリアも音楽のたしなみがあったので、友人と夫は二人でドヴォルザークのカンタータ「幽霊の花嫁」を演奏したり、演奏のあとはドヴォルザークの思い出話に花を咲かせていた。カーリア夫人がお茶を入れようとキッチンに向かった。居間からキッチンに向かうには応接室を通るのだが、応接室の暗がりの中に見知らぬ男が立っているのだ。

太い眉に口ひげ、鋭い目に高い鼻。

夫人の悲鳴で夫と友人が駆けつけたが、見知らぬ男はこつぜんと姿を消してしまう。その容姿を聞いた友人は、まるでドヴォルザークそのものではないかと発言した。




生憎、夫人はドヴォルザークの顔を知らない。

ロンドンに帰宅した友人が、ドヴォルザークの写真を送ってきたのだが、その写真を見て夫人は息を飲んでしまった。あの夜、見た男は、まぎれもなくドヴォルザークであったからである。

ドヴォルザークは呪いに殺されたその無念から、現世にとどまり、自分の曲を聞いてその姿を現せたのだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『伝記 世界の作曲家(9)ドボルザーク ロデリック・ダネット著 橘高弓枝訳』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る