山口敏太郎激怒!NASAの予算どりパフォーマンスに藤原紀香が宇宙戦争を心配!

 山口敏太郎がNASAの予算どりパフォーマンスに怒っている。

 NASAと言えば先日、生命体が住む可能性がある惑星を7つ発見したと公表したばかりだが、これを受けて、2月23日付けのブログでタレントの藤原紀香が以下のようなコメントを出した。




「子どもの頃、 宇宙戦艦ヤマトをかぶりついて見ていたけれど本当に 生命が存在する可能性のある地球以外の惑星があるなんて!!・・・【中略】・・・技術が進みすぎて、AIなど凄いものを創り出し、人類が好き放題したあげくに 宇宙戦争が起こる・・・【中略】・・・と思うと、怖くなってきた」

 つまり、NASAの発表を受けて藤原紀香は深夜に宇宙戦争の可能性を危惧し、不安な気持ちになってしまったのだ。

 この事実に関して、アトラスにおいてオカルト記事をプロデュースする山口敏太郎にコメントを求めると以下のように答えた。

「NASAは定期的にマスコミ受けの良い記者発表を行います。これは次回の予算どりへのパフォーマンスなんです。発表内容そのものは嘘ではないですが、トランプ政権へNASAの必要性をアピールしたんでしょうね」

 また、藤原紀香が宇宙戦争を危惧していることに対しては、以前から藤原紀香ファンを自称する山口敏太郎はこう語った。




「まず安心して欲しいのは、宇宙戦争は起ったとしても数百年後でしょう。それにしても日本を代表する女優の紀香さんを悩ますNASAは罪作りだ」

と締めくくった。
 
(白井たすき ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像は『宇宙戦争 ファイナルインパクト [DVD]』パッケージ写真より









関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る