【検索注意】恐怖!「ドラゴンボール」のエンディングテーマに隠された謎の呪文とは?

テレビアニメ『ドラゴンボールZ』の第1弾ED「でてこいとびきりZENKAIパワー!」には謎の呪文が隠されているという都市伝説がある。

「でてこいとびきりZENKAIパワー!」は1989年~1993年まで4年間に渡って使用された曲なのだが、冒頭の歌い出し直前に人間なのか機械音なのかわからない異様な呪文が流れてくる。

曲調が中国風なところから当時の子供たちの間では中国語と思われていたようが中国語ではないという。

ではこの声の正体は何かと言うと、実は逆再生した日本語なのだという。




作曲者の池毅氏が2000年代になって明かしたところ、冒頭の呪文は池氏のお遊びで「スタッフロール」のような形になっており曲作りに関わったスタッフ名が出てくるという。

以下は逆再生により明かされた呪文の正体である。

『あー、この曲をつくるにあたっては、 鈴木ケンジ、池毅、トキエダタツヒロ、ウチダタカシ、ヤマモケンジ ヤナギハナエ?ノムラタカシが がんばったんだよ』

当時、『ドラゴンボール』のメイン視聴者は子供だったため、仕込みに気づく人は皆無だったが、時代を超え作曲者自身が明かしたことにより、多くの人が呪文の正体に気づくことができた。

(アリナックス城井 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ドラゴンボールZ





ウラナ

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る