【奇跡】9.11テロ慰霊式典の上空に天使が舞い降りた!





2001年にアメリカ・ニューヨークで発生した同時多発テロ、事件から数年の間は影響は暗い影を落としていたが、15年経った現在では地元NYの人々をはじめ、多くのアメリカ国民は徐々に元気を取り戻している。

かつてワールド・トレード・センター・ビルが存在した場所は整備され、毎年9月11日には慰霊の式典が行われる。

また、かつてのWTCビルの姿を示すように、跡地からサーチライトを使用した光の柱が立ち上るようになっていた。慰霊式典の様子は、日本のメディアでも報道されたので知っている人も多いのではないだろうか。

そんな式典の最中、密かに奇跡が起きていたとしてアメリカで話題になっている一枚の写真がある。

遠景からニューヨークのマンハッタン方面を捉えた写真。

そこから真っ直ぐ上空へ向かって伸びる、前述したサーチライトの光。その上端がビル街上空の雲にかかっているのだが、そこにまるで人影のような光が出現しているのだ。

この写真はハドソン川を挟んだ対岸、ニュージャージー州ホーボーケンにて午後9時半頃に撮影されたものだという。




撮影者は対岸から見える9.11テロの慰霊式典の様子が見えたため、光の柱が収まるように映像と何枚かのスナップを撮ったと証言している。

そして、後日写真を確認してみると、柱の上端にまるで人が佇んでいるような光が存在している事に気付いて驚いたのだという。

この写真を見た人達からは、「天使が出現した」や「祈りが届いた」、「奇跡が起きた」という声がある。

勿論、懐疑的な見方も存在し、雲の中で光が乱反射して人の形のように見えたのではないかという説や、写真にうまくCGで影を作成したフェイクではないかという説も出てきている。しかし、撮影者は合成などは行っていないと反論している。

果たして、写真に写った人影の正体は何なのだろうか。

多くの人が犠牲になった場所に、本当に天使が降りてきていたのだろうか?

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Some Claim To See Jesus or ‘Ghost’ In Clouds Of Mysterious 9/11 Tribute Photo




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る