SMAP謝罪放送はやはり台本? 14日事務所FAXとほぼ同じ内容

解散報道から8日間が経過したものの事務所からのFAX以外の発表のないSMAP。

報道が出た14日以降、各メンバーはラジオ番組を持っていることもありファンに向けて生の声を届けているが、すべて冒頭の挨拶のみに止まっている。

各メンバーは言葉少ないながらも共通しているのは「解散」という表現を避けていることであるが、冒頭の挨拶については事前に台本があったとされている。




8月14日に出されたメンバーのFAXコメントとラジオの発言は言い回しから間までほぼ同じ内容である。

特に中居正広の「このような結果に至った事をお許しください」という他のメンバーにはない表現はラジオでも踏襲されており、これはFAXの内容をそのまま読んでいた可能性が高い。

もしくは、SMAPの解散は少なくとも8月の前半に決まっておりその時点でFAXとラジオ用として各メンバーがコメントを出していた可能性が高いという。

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る