【エロUMA】まるで全身黒ラバースーツ!「オラン・ミニャク」の性犯罪

オラン・ミニャクは2000年代からマレーシアで目撃され始めた謎の人型UMAだ。外見は成人男性とよく似ているが、目が赤く光り、全身が真っ黒なため夜の闇に溶け込んでいるという。特徴的なのは、その肌だ。重油やタールのような油で覆われており、そのせいで全身が黒く見えるのだという。そのため、オラン・ミニャクは別名「オイリーマン(油男)」とも呼ばれている。




オラン・ミニャクの姿が目撃され始めたのは2005年のこと。ある女性が夜、ナイフを持った男に襲われたというのだが、奇妙なことにその男の全身は流れ落ちるほどのオイルで覆われていたという。

2008年月にはマレーシア理科大学にて女学生たちが男性に暴行されるという事例が複数回発生。この時の人物も「全身が黒いオイルで覆われている」という特徴があったため、オラン・ミニャクのしわざではないかと大学内や周辺で大変なパニックが起きた。

そこで、事態を重く見た大学側が調査を行い声明を発表する事態にまで発展したという。同年6月にはパハン州にて結婚式を控えていた女性が「赤く光る目で素早く動く人物」を目撃したというケースも存在している。

2012年12月には、首都クアラルンプールにほど近いスランゴール州にて10日間にわたって「油にまみれた謎の人物」が目撃された。中には家屋の天井に侵入してきたとみられるオラン・ミニャクのものらしき油まみれの手形が発見されるなど、様々な物証が発見され新聞で報道されてマレーシア中で恐れられる事になった。

41Gts9aBDHL

さて、もともとマレーシアには夜の闇に紛れて行動し、盗みを働き女性を誘惑する怪人の伝説があった。そのため、「油男」が各地で目撃されるようになった時、ついに伝説上の怪人が姿を現したのではないかと話が膨らんで騒動になったとみられている。

このオラン・ミニャクについては、犯罪目的で家屋に侵入した人物が顔を黒く塗っていたりしたものが、誇張され地元の伝説と混ざることで大きなパニックを引き起こしたのではないかと見られている。しかし未確認生物、特に獣人型UMAの中には女性を襲った事例が存在するものもあるし、また現場に残された油という物証も存在している。

やはり伝説の怪人は存在していたのか?

なお、現地ではこのオラン・ミニャクが登場するホラー映画なども多数制作されており、恐れられつつも親しまれているようだ。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

アメリカンホラーストーリー





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る