SMAPはやはり「平成」を代表するユニットだった?! 平成時代とのシンクロ率に注目

平成28年12月31日をもって国民的アイドルユニット「SMAP」の解散が決定した。




1988年(昭和63年)に結成したSMAPは平成時代はじめてのアイドルユニットと言っても過言ではなく現在、SMAPの歴史とともに平成時代という時代を振り返る人も多いという。

現にSMAPの転機には日本にも転機が訪れていたという。以下はあくまで都市伝説ではあるが、日本とSMAPのシンクロ率を以下に列記する。

1988年 昭和最後の年 SMAP結成
1991年 湾岸戦争 SMAPは日本武道館でコンサートを行いこの年にデビュー
1994年 新生党羽田内閣 SMAPは初のオリコン1位を獲得
1998年 郵便番号が7桁に SMAPは『夜空ノムコウ』が大ヒット
2003年 小泉内閣 SMAPは『世界に一つだけの花』がダブルミリオン
2016年 天皇陛下が生前退位のお気持ちを述べる SMAP解散報道

以上、一部ではあるが、平成時代とSMAPのシンクロ率を列記した。

かつて美空ひばりは「昭和歌謡の歴史の生き写し」と呼ばれたように、いつの日か「SMAPは平成アイドル歴史の生き写し」と呼ばれる時代が来るかもしれない。

※上記は都市伝説記事となります

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る