丘の上にエイリアン!?火星地表で確認された「小さな人影」

ATLASではこれまでに何度かエイリアンや人影にしか思えないようなものの姿が捉えられた写真や記事を掲載してきた。

今回紹介するものもまた、火星上の探査機が捉えたものだ。その画像の中に、まるで人間のように見える影が存在しているとして、海外のUFOファンらの間で話題になっている。




火星表面上に存在する探査機のローバーが捉えた光景なのだが、遠景にある丘の中腹に、小さな人影らしきものが存在していることが解る。その白い人影にはちゃんと手足が存在しており、見ようによっては帽子を被り頭髪が伸びているようにも思われる。

印象としては、以前アトラスで紹介した、火星で確認された修道女のような人影に近いといえる。

果たして、この人影は何なのだろうか。




火星探査機の様子を遠方から観察していたエイリアンの姿とでも言うのだろうか?

この人影について、当然NASAからの公式見解は存在しない。小さすぎて見落としてしまったのだろうか?ただの光の加減で人のように見えてしまっただけなのか、それとも知っていて隠しているのだろうか。真偽は未だ不明のままである。

関連動画
Humanoid Man figure on MARS.

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る