「ポケモンGOで河童と対戦?」

巷ではポケモンGOが大流行しているが、残念ながらポケモンGOに熱中するあまり、恐ろしい事件が起きてしまっているのも事実だ。

その1つが、北海道でポケモンを探していた大学生が野生のヒグマに遭遇したという事件。ヒグマは日本に生息する最大の陸棲哺乳類で、人を襲うこともある危険な動物である。

このニュースを聞いて読者諸君はどう思うだろうか。

自分は都会に住んでいるから関係ないなどとお思いの読者も居るのではないだろうか。しかしポケモンGOをして出会うのは野生のポケモンだけではない。ましてや野生動物だけでもない。

筆者が警鐘を鳴らしたいのは、野生の「河童」と出会う可能性である。




河童。日本の妖怪・伝説上の動物、UMA。そしてこの河童は都会でも目撃されており、全国各地に河童伝説は存在する。日本のどこにいても、野生の河童に出くわす可能性はあるのだ。

河童は水辺にいる人間や、泳いでいる人間を水中に引き込み、溺れさせる恐ろしい存在である。さらに河童は、人間の「尻子玉」を抜くという説がある。尻子玉とは、ヒトの肛門内にあるという架空の臓器、もしくは胃や腸などの内臓のことで、これを抜かれるとふぬけになり、死に至る。

また、カッパの好物といえばキュウリだが、他方で人間の肝を好物とする説もある。そして、他に河童が愛するもの、それは日本の国技、相撲である。人間をよく相撲に誘い、相撲に負けた人間は前述の尻子玉を抜かれ、死ぬ。相撲好きの河童はもちろん相撲が強く、見た目は子供のようでも力は人間の大人よりも強く、河童に勝つのは困難である。

では、我々人間は河童に相撲を挑まれた場合死ぬしかないのだろうか。否、人間が河童に勝てる方法は存在する。そこで今回は河童に相撲を挑まれた時の、とっておきのカッパ攻略法をお教えしよう。




まず、仏前に供えた飯を食べた後に闘えば子供でも河童に勝つことができるという。普段から仏前に供えたお米を握り飯にして持ち歩くなど、きたる勝負に備えておくことをお勧めする。

しかし、備えなく急に河童に相撲を挑まれることもある。その際には相撲をとる前に、河童に深々とお辞儀をするのだ。すると河童もお辞儀を返し、それにより頭の皿の水がこぼれてしまうため、力が出せなくなるともいう。

これで河童に相撲を挑まれても怖くない。しかしこれは相撲を挑まれた場合の話である。

ただし、河童の中には義理堅いものもおり、魚や薬の製法を恩返しとして教えてくれたという逸話も存在する。河童に相撲を挑まれる前に、河童に恩を売り友達になるのも一つの策かもしれない。

鵙屋まみ(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

河童





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る