【怪談実話】這う老婆

Fさんは某商社に勤めるエリート社員でした。当然残業も多く、常に帰宅も深夜でした。それでもFさんは愛する妻の為、日々懸命に頑張り続けていました。

妻とは恋愛結婚でした。スキー場のある山あいの村で彼女をみつけたのです。仕事と都会に疲弊していたFさんは、彼女の素朴なところに心を動かされて3ケ月後電撃的に結婚したのです。二人は幸せでした。

ある夜の事です。Fさんが取り引き先を接待した夕食の席で少しお酒を飲んで、ほろ酔い気分で帰ってきました。自分の部屋はマンションの5階です。Fさんは千鳥足ながらもエレベーターホールまで行こうとしました。




その時、Fさんは階段のおどり場に何やら人影を見たのです。泥棒?いっそとっちめてやろう。酒でいささか気が大きくなったFさんは、非常階段の方に向かいました。でも何もいません。なんだ、勘違いって奴か。
Fさんが引き返そうとした時の事です。背後に殺気を感じました。そーっと振り返るとそこには、灰色の髪の毛をした老婆がいたのです。しかも地面を這っているのです。

老婆はFさんに飛びかからんとうなっています。地を這うその姿はまるで犬か狼のようです。

「この化け物やろう。これでもくらえ」

Fさんは持っていた傘でその化け物を殴り続けました。2、3発なぐったあと、その化け物は前脚らしい箇所から出血し一瞬だけひるんだのです。その隙にFさんはエレベーターホールまで逃走しました。

追ってくる様子はありません。一体あれはなんだったんだ。妖怪って奴か。這いながら人を襲う老婆なんて聞いた事がないぞ。

Fさんはふらふらになりながら自宅に帰りました。でも、もうこれで安心です。

ウラナ

最愛の妻が向かえてくれたのですが、なんだか彼女に覇気がありません。先程の事もありFさんは心配になりました。彼にとっては一番の妻なのです。

「おい元気ないじゃないか。何かあったのか?」

「ええっ、さっき料理してまして右手をケガしたの」

妻は包帯を巻いた右手をFさんの目の前に差し出したのです。それは、あの老婆を傘で殴った箇所とまったく一緒だったのです・・・。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る