山口敏太郎がニコ生で「相模原殺傷事件」を推理 「傭兵学校へ通っていた人物なのか」

7月28日にニコニコ生放送内で行われた「山口敏太郎ニコニコ生放送」にてオカルト研究家・作家の山口敏太郎が「相模原殺傷事件」の犯人像について推測を行った。

山口は深夜2時に施設へ忍び込み40人を殺害する行動に対し「あまりに手際が良すぎる」とし犯行に使われた結束バンド・ナイフの扱いについては「戦争・実戦のプロの可能性がある。傭兵学校へ通っていた人物ではないか」と推測。また容疑者が半年間ほど行方不明だったことについては「行方不明になっている間は海外で傭兵学校へ行っていたのではないか」と語っている。




また容疑者が「UFOを2回見たことがある」「障害者を殺せという指令をUFOから受け取った」という情報については「UFOがそんな命令をするわけがない。UFOが可哀そうだよね」と語った。

また容疑者の考え方については「行方不明時期に何かの洗脳があったのではないか」と語っている。

また最後に山口敏太郎は「障害者には生きる価値がないという考え方は絶対に許さない。オカルトに興味があるなら山口敏太郎のイベントに来て俺に質問してくれれば何かしてあげられたかもしれない」と怒りながら1時間の放送を終えた。

この動画の全編は現在山口敏太郎チャンネルの会員のみタイムシフトでご覧頂ける。

http://ch.nicovideo.jp/bintarou-yamaguchi/live





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る