アニメ『くまみこ』騒動再燃か? 原作者が正式コメント出すも脚本家は…





先日本サイトでも報道させていただいたアニメ『くまみこ』騒動について新しい動きがあった。

原作者の吉元ますめ氏がブログにて「手前の発言によりいたずらに事態を大きくさせてしまったことをおわびさせていただきます」と謝罪したのである。また問題となった最終回の内容についてはスタッフ会議に参加していたことを明かし「作品に対し違和感を感じる方がいましたら私の責任です。申し訳ございません」と原作者公認の脚本であったことが発表されたのである。

脚本家のピエール杉浦氏は問題となった最終回放送直後、ツイッターのアカウントを消し、あらゆる「くまみこ」関連の項目を削除したことで批判を受けていた。

この唐突な原作者の謝罪に対し「聞きたいのはそこじゃない」「原作者は悪くないのでは?」といった声が多発している。また放送から何週間も経過した今になって謝る必要があるのか理解に苦しむ人もいるという。

ふたたび再燃してしまった「くまみこ最終回騒動」解決の出口はあるのか…?

(若葉イチロウ ミステリニュースステーションアトラス編集部)

くまみこ





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る