ワープする一瞬を撮った!?雲に包まれ消えるUFO!

世界中の空で目撃されているUFO。UFOが地球外、太陽系外に住む宇宙人の乗り物であり、はるかな宇宙から長い旅路を経て地球に来ているとすると、光の速さで移動することが出来たとしても何十、何百年単位の相当な移動時間がかかってしまう。




そこで、UFOは現代の我々の技術では実用化がされていない技術、異次元やワープ航法などを駆使して来ているのではないかと考えられている。いずれもSFなど創作の世界では一般的なものだが、実際に同じ方法で再現できるかと言えば不可能だ。

そんなUFOが人知れず地球に来ている証拠画像が撮影されていた!?

撮影されたのは6月22日、アメリカはカリフォルニア州ドビンズを流れるユバ川にて。撮影者は父親と共に釣りと自然を楽しんでいたという。周囲の峡谷や森の様子が美しかったため、彼は釣りの合間に風景写真を撮影していたのだという。しかし、帰って画像を確認してみると、峡谷に奇妙な物体が移っている事に気が付いたのだという。

カメラの連写機能にて連続して撮影されているため、問題の物体が出ていた時間は一瞬だったと見られている。しかし、彼は見事に撮影に成功したのだ。




そのUFOの写真がこちらである。木々の間を、次第に雲ないしは煙に包まれていく謎の物体の姿が写っている。全体的に金属質で、上面は光沢があるように見える。また、目撃者曰く、空には飛行機等は飛んでおらず、ジェット機の音などもしなかった。そもそも人里離れた所だったので、そんな機械音や人工物による音は確認できなかったという。

以前アトラスで紹介した、奇妙な四角い形をしたUFOも半分が雲ないしは煙のようなものに包まれて消えていく所であった。やはり、UFOは我々には想像の付かない方法で移動するのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
UFO Caught Over Forest Landing Near Eyewitness In California On June 22, 2016, Photos, UFO Sighting News.

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る