【とんでも日本史】吉宗はリアル暴れん坊!?親族を暗殺して将軍になった!?

 テレビ朝日系列で放送され好評だったドラマ『暴れん坊将軍』は、名君の誉れ高い八代将軍・徳川吉宗の活躍を描いている。

 吉宗は紀州藩主の四男坊に生まれ、兄たちに世話をかけながら一生”部屋住み”の不遇な人生を送る予定であったが、身内が続々と7人も死んでしまい藩主、将軍へと成り上がった。あまりの運の良さに、実は身内を暗殺して出世を遂げたのではないかと言われている。




 徳川吉宗は御三家のひとつ紀州藩の第二代藩主・徳川光貞の四男として生まれた。藩主の息子と言えども四男では藩主の座につけるはずもなく、そのまま凡庸な人生を送る予定であった。特に長兄である徳川綱教は、五代将軍・徳川綱吉の娘・鶴姫を正室に迎えており、順調な人生を送っていた。しかも、息子を亡くしていた徳川綱吉は次期将軍として娘婿である徳川綱教を考えるほどであった。

 だが、1704年将軍家との重要なパイプ役であった鶴姫が死去。その翌年長兄・徳川綱教も突然、病気で亡くなってしまう。その心労からであろうか。父である徳川光貞がも亡くなってしまった。次男は早く亡くなっていたので、三男であった徳川頼職が紀州藩主の座につくが、だがこの徳川頼職も父の死から一か月後に亡くなってしまった。

 義理の姉、長男、父親、三男が続々と亡くなり、反対する身内もなく徳川吉宗は奇跡的に藩主の座につくことが出来た。あとは将軍職を狙うだけであったが、尾張徳川家というライバルがいた。




 だがここでも謎の不審死が続く。まず第四代藩主・徳川吉通が死去し、三歳になる息子・徳川五郎太が藩主の座につくがその直後に亡くなってしまう。さらに吉通の異母弟・徳川継友が第六代藩主となるが、これまた在位十数年で亡くなってしまった。こうして悉く身内のライバルが死んでしまい、吉宗は藩主そして幕府の将軍へと成り上がることに成功した。

 享保元(1716)年、徳川吉宗は紀州藩主から八代将軍となり、二百人を超える紀州藩士を連れて江戸に向かう。用心深い吉宗は腹心たちを幕府の中に配置することで自らの安全を確保しようしたのであろうか。

 また、吉宗は藩主時代から使っていた御庭番を幕府でも採用している。これは吉宗直属の諜報部隊であり、江戸市中や大名、畑本の動きを探っていたと言われている。この御庭番こそが吉宗が暗殺部隊として使っていた行動チームではないのか。後に尾張藩主の徳川宗春が何かにつけて吉宗に反抗的な態度をとっているが、その背景には肉親たちの死に吉宗の暗躍があったと確信していたからかもしれない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

徳川吉宗

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る