【最新情報】ついに目撃!ネッシーの姿をウェブカメラが捉えた!?

世界中に存在する未確認生物の中で、もっとも有名なものはネス湖のネッシーだろう。

しかし、ここ最近は目立った目撃報告もなく、「ついに絶滅してしまったのか!?」とする声も上がっていた。だが、この度久々にネッシーの姿を発見した人物が現れたのだ。




目撃者の男性はアイオワ州在住の男性である。彼はアメリカの自宅にいながらにしてネッシーの姿を発見したのだ。実は、ネス湖にはネッシー探索にも使えるウェブカメラが設置されており、リアルタイムで現在のネス湖の状況がネット上に流れているのだ。

2016年のネッシー2

この男性は10年以上前に初めてウェブカメラに写ったネッシーの姿を発見してから、以降ネス湖のウェブカメラを見ることを習慣にしていると言う。なお、彼が初めて目撃したネッシーは「生物の長い首に思われる物体が、水から約3メートルほど伸ばしていく様子」であったという。

今回彼が目撃したのは3度目。ネッシーのウェブカメラは何回か照準が変わるのだが、彼は確かに荒い画面の中に、2~3メートルの物体が水面から顔を出すのを目撃したのだという。彼はあわててパソコンのスクリーンショット機能を使い、目撃したものを撮影した。記事の画像がネッシーの姿をとらえた一瞬である。確かに、凪いだ湖面の中に黒い棒状の物体が立っているように見える。




彼が目撃した当時、ネス湖にボートなどの物体は存在していなかったという。次にカメラのアングルが戻ってきたとき、問題の物体は姿を消していた。彼は念のため、何もない状態のネス湖の様子も撮影し、比較できるようにしたという。

彼が目撃したものは何だったのだろうか。少なくとも、今回の写真は模型などを利用したフェイクでないことは事実だ。しかし、あまりにカメラから遠くて判別ができないのも事実である。何か別の物体、流木などが流れた様子が捉えられたとしても、この解像度では判別がつかないだろう。

最近はネッシーの話題が聞こえてこなかったため、新しい目撃例が出続けてくれるのは喜ばしいことである。

興味のある方は、ネス湖のウェブカメラをのぞいてみてはいかがだろうか。もしかすると、あなたの前にもネッシーが現れてくれるかもしれない。

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Stunning new Loch Ness Monster image ‘shows beast emerging 10ft out of water’





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る