古市憲寿また炎上!政府配布を皮肉り2枚のマスクで顔を隠す…

炎上騒ぎで常に世間を騒がしている社会学者の古市憲寿氏が、またまた顰蹙のパフォーマンスを展開した。

2020年4月1日、古市氏は安倍首相が発表した日本の全世帯に2枚づつマスクを配布するという対策を皮肉ったパフォーマンスをSNSで繰り広げたのだ。




 

この投稿をInstagramで見る

 

マスク2枚。

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿 –

古市氏のSNSには、二枚のマスクで顔を被った写真が掲載され、ネット住民がこれに激しく反応した。

新型コロナウイルスの蔓延でマスクが手に入らない状態が続いており、ストレスを感じている消費者が多い中で、古市氏のマスクを無駄にするこのパフォーマンスに批判が殺到したのだ。

古市VS.ジャストミート福澤、遺恨再発!

古市氏は安倍首相の政策を皮肉ったパロディだったのかもしれないが、コロナで疲れきっている消費者には刺激が強すぎたようだ。




なぜテレビ局はこのような人物をコメンテーターに置いているのであろうか。

本当に為になるコメントが出せるコメンテーターと、ただ単に悪ふざけのコメントを出しまくる小学生のような人物を一緒にしてはいけない。視聴者が不愉快に感じる人物を、人気のある人物だと勘違いしてはいけない。

この件は本当に不愉快なケースである。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『奈落

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る