ファンキー加藤に限界説? サブイボマスク興業惨敗で関係者に「サムイボ」立つ!

不倫問題で揺れる元ファンモンのファンキー加藤に限界説が囁かれている。




初主演した映画『サムイボマスク』の観客動員が記録的な惨敗を記録しているからだ。どう見ても大赤字必至の状況に、関係者の顔色はモンキー並みに赤くなり、全身に「サブイボ」が立っている始末。もはやミュージシャンとして芸能人として限界なのではと業界では囁かれている。

事実千人、二千人のライブ会場でも空席が目立つ状況であり、ミュージシャンとしての動員力にも疑問符がつく状態だ。

レコードセールスでも1万枚の販売すら苦戦する始末であり、もはや復活は望めないのではと噂されている。 一部で今回のスキャンダルが復活のきっかけになるのではないかと期待されたが、動員やセールスには結びつかず、数年待ったあとファンモンの限定復活での再起しか方策がないのでは、と指摘されている。

しかし、このままファンキー加藤は終わってはいけない。今まで多くのファンを勇気づけてきたあの真摯な気持ちを思い出し、必ず復活してもらいたい。

(文:ポメラニアン藤本 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

サムイボマスク





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る