新型コロナウィルスの大流行が漫画やアニメで予言されていた!?

現在、世界中で新型コロナウィルス肺炎が猛威を振るっており、日本でも感染者や死者が確認される事態となっている。また感染予防対策のためのマスクや消毒用アルコールは品薄になり、中には転売や取り合いなどトラブルも発生している。

世界的に新型コロナウィルス肺炎が問題視されている中、イギリスにて「新型コロナウィルスのパンデミックが漫画で予言されていた!?」という話が出てきて話題になっているようだ。




こちらはフランスで2017年から連載されている漫画「アステリックスと戦車レース(Asterix and the Chariot Race)」。 ジーン・イブ・フェリ、とアルベール・ユデルゾの二人による漫画で、古代ローマ時代を舞台に主人公アステリックスが相棒のオベリックスと共にカエサル主催のチャリオット・レースに出場、優勝を狙うというものである。

この漫画の中に、敵の戦車乗りとして出てきたキャラの名前が、そのまま「コロナウイルス(Coronavirus)」と言うのだ。顔まで覆うタイプの金色の兜を被り、赤い鎧とマントに金のワシの戦車を駆るという強敵として描かれている。
このキャラクターの名前と、「マスクを着けている」点、猛スピードで蹂躙していく点等も新型コロナウィルスの猛威と似ている、という指摘が海外ファンからあったようだ。

この漫画の作者は2年前の1997年にはコロナウィルスの流行を予言していたと言うのだろうか・・・。

だが、さすがにこれは単なる偶然に過ぎないだろう、と言われており、本気にしている人もごく僅かなようだ。なお、まだ他にも「あの作品が今回の新型コロナウイルスを予言していた!」という話は出てきており、「1993年に放送されたシンプソンズのエピソードが今回のパンデミックを予言していた」、とする話も出てきている。




日本でも有名な大友克洋の代表作「AKIRA」が2020年の東京オリンピックを予言するだけにとどまらず、その後パニックが起きてオリンピックが中止になってしまう事まで予言していた、という噂が流れている。

なんと「AKIRA」の作中のコマの一つに「WHO、伝染病対策を非難」という現在の状況を示すかのような新聞記事が載っているのだ。これも偶然の一致と考えられているが、現実を暗示するような光景を目にしてしまうと、人間はどうしても関連性を見出してしまうものなのかもしれない。

関連動画
Announcing the release of Asterix and the Chariot Race!

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る