あれはアブダクションだったのか?それとも幽体離脱だったのか…

投稿 匿名希望さん

いつも、アトラスラジオを楽しく聞いております。私は、幼少の頃から不思議な事がいくつか体験してまして、投稿されてる皆さんに比べてたら、大した事ないのですが、いくつか書かせていただきます。

〔幽体離脱?〕

私は、千葉生まれで、小学三年生になる年に引っ越しまして、その千葉にいた頃の話しです。何歳の頃かは覚えてなく、とにかく生まれてから小2までにあった話しになります。




大人になるまで忘れてたのですが、18歳になった時にBASHARの本に出会いまして、その中のある方のエピソードが私の不思議体験と全く同じで、『あっ!コレは、私もあったわ…』と、思い出したのです。

その、幼少の頃の私は、南東向きの高台?の所にある借家に住んでました。景色は、よかったです。田舎なので、空は広く見え、夕日も綺麗で太陽が大きく見えるので、私は、夕日が好きでした。

家の脇から北にむかって登りの道があり、その登りきった所に楓の木がありました。そこは、近所の子ども達の遊び場でありました。根元から二本に分かれた木で、片方はまっすぐで片方は斜めになっているので、小さい子でも登り易く、木の下では、おままごとやったりする遊び場でした。

ある日、その日は、誰一人その楓の木の所にはいなくて、一人で遊んでました。木に登ったり、下の砂であそんだり…でも、誰も来ないからつまんないなぁと思ってふと顔を上げると、夕陽で周りは真っ赤っかになってました。

私は、夕日がよく見える位置に立って(木から一歩、二歩、横に移動)して、夕日を直視してました。

『綺麗だなぁ〜表情にっこり️』そう思ってたら、急に周りが真っオレンジになりました。空気が真っオレンジみかんのように、『え?!え?!なにこのオレンジ?!』と、思ってすぐ自分の身体がグーーーッっと楓の木の上ぐらいまでに上がって行きました。

そして、あまりに高いので『怖いっっ』って思ったその瞬間!自分は、地面に立っていました。

私の頭は『?????』でもうパニックです。全て一瞬の出来事です。




木の上にグーーーッと上がったのも1秒くらいだし、怖いと思った瞬間、一瞬にして、立って夕日をみている位置にいました。ホントに一瞬の事です。

今、思えば、直視してたから目がおかしくなり、真っ赤が真っオレンジになっただけなんだと思いますが、その木の上にグーーーッと上がって、一瞬で元通りなのは、ホントに不思議で、とても怖かったです。

すぐ家に走って帰って、夕飯の支度をしている母親の腰にしがみつきました。「あら?どうしたの?」と言ってましたが、子供心に『言っても信じてもらえない』と思って言いませんでした。

一週間くらいたってから、夕食を家族で食べてる時に、私自身もう怖さもなくなってたので、世間話のように、話してみました。

私「急に、木の上にガーッて行ってー」と話すと三つ上の兄が、「木に登ったの?」と。私は、「ううん、下からピューーって」兄「そんなコトあるわけねーじゃん!何言ってんだよ!」と、バカにされました。私は、『ああ、やっぱり信じてもらえないかぁ…』って、思いました。

大人になって、思い出して友人などに話しても、起きている時の幽体離脱なんて、あるわけないと、やはりバカにされるんですよね。

あれは、幽体離脱だったのか?もしかしたら、アブダクションだったのか?真相は分かりませんが、私の覚えている一番小さな時の不思議体験でした。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©liggraphy PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る