国際宇宙ステーションが激写した、謎の緑色に光る巨大な物体

アトラスでは、これまでにも国際宇宙ステーション(ISS)のカメラが捉えていた奇妙なUFOらしき物体について報告している。大半が遠方に存在する小さなものが多いのだが、今回紹介するものはかなり大きく目立つものだったので注目を集めている。

問題の物体は海外のオカルト系YoutubeチャンネルであるDisclose Screen ‘The Grimreefar’が公開したものである。

関連動画
Bizarre’ fiery objects picked up in space on the live ISS feed, Jan 18 (Disclose Screen)




動画では国際宇宙ステーションのカメラが左にパンしていき、最終的に地球をとらえる。しかし、その前に画面上部の隅から、緑色の大きな物体が姿を現すのだ。形は非常に歪で、機械的な物体というよりは生物的なものに見えなくもない。

この物体が一体何なのかは気になる所だが、宇宙ステーション側ないしは通信状況の関係でカメラが止まってしまい、中断となっている。

果たして、この物体の正体は何だったのだろうか。




視聴者からは「巨大なUFOではないか」「深海生物のようだ」というコメントや「地球を守るための軍事衛星兵器ではないか」という意見まで寄せられていた。

一方で懐疑的な意見も存在しており、光の反射具合が微妙に変動しているように見えるので、「照り返しを受けている大きめのスペースデブリではないか」という意見も出てきているようだ。

一体この物体は何なのか、気になる人は動画を見てみてはいかがだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©NASA Disclose Screen ‘The Grimreefar’ YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る