音を出して飛ぶ「空飛ぶじゅうたん」!?豪州の珍奇な四角形UFO





オーストラリアのメルボルンにて、奇妙なUFOが撮影されて話題になっている。

問題の動画は6月7日に撮影されたもので、動画を確認してみると上空を茶色く四角い物体が浮遊し、移動しているのが解る。

撮影者は女性で、同乗していた子どもと共に問題の物体を目撃。飛行機とは似ても似つかない、今まで見たことのない物体であり、また奇妙な音を発しながら飛行していたという。

撮影者と子どもは怯えながらもカメラを起動、撮影を行ったという。




問題の物体は以前アトラスで紹介した、アメリカのライトパターソン空軍基地上空に出現した奇妙な形状のUFOに近いと言えるかもしれない。あのUFOも角張った形状で表面にモールドのある、独特の形状をしていた。

しかし、こちらは長方形というか、おとぎ話に出てくる空飛ぶじゅうたんのような形状をしている。また、無音で飛行することの多いUFOには珍しく、異音を発しながら飛行していたという特徴がある。

この動画を検証した海外の映像制作関係者は「人が細工したもののようには見えない」と証言する。

また、物体の形状を分析してみても飛行機やドローンなどとは違う物体であるという。

このUFOは動画で見ても解るとおり、かなり交通量の多い道路にて撮影されている。そのため、現地のUFO研究家らは同じ時刻に同様のUFOを見た人はいないか、情報や証言について追跡調査中だという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Diamond shaped UFO Australia June 9, 2016

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る