「ライバルを消してくれ」元請け~ひひ孫請けヒットマン全員集合!

2013年のこと、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市の不動産業者のタン・ヨウフイは商売敵を消してもらうために、ヒットマンのシー・グアンガンに200万元(約3000万円)で殺人を依頼した。

しかし、元請したシーはこの仕事を別のヒットマンに下請け。またこの下請けしたヒットマンは別のヒットマンに孫請け依頼。さらに孫請けしたヒットマンも次のヒットマンにひ孫請けを委託。ついには、そのまたひ孫請けヒットマンも別のヒットマンにひひ孫請けを依頼。

関連記事

血で赤く染まった記念日、アメリカを震撼させた「聖バレンタインの虐殺」




実に5人のヒットマンたちが、まるで建築現場の仕事さながら次々と又請けを業務委託したのである。

なお、最初にシーが依頼された200万元は次のヒットマンには半額の100万元に、それぞれのヒットマンたちは自分のマージンを抜いていくうちに最後の5人目のヒットマン、リン・シャンシは元値の20分の1である、10万元(約150万円)で仕事を引き受けたという。

リンもさすがにこの値段では殺人を犯すにはリスクが大きいと思ったのか、それとも良心の呵責を感じたのだろうか…殺人のターゲットにされたウェイ氏とカフェで会うと、この殺人を偽造することを提案したという。




縛られて猿ぐつわをされ、死んだポーズで写真に撮られたウェイ氏はその後、警察に駆け込んだことで事件が発覚。

結局、首謀者のタンが懲役5年、元受けヒットマンのシーは懲役3年6カ月の求刑をされた。なお、その他の下請けからひ孫請けヒットマンたちはそれぞれ3年から3年3か月の実刑が、そしてひひ孫請けのリンは2年7カ月の実刑を宣告された。

引用記事
南寧買兇殺人案終審判決 6名被告罪成判囚

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Marcus Trapp PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る