酩酊男がスーパーでストリップ&脱糞

酒に酔って、スーパーマーケットで裸になってストリップを始めた男、なんと!レジカウンターにあるバーコードリーダーの上に脱糞するという怪奇事件が発生!




先週末の日曜日、23歳のバカ者、コリン・マーフィー、酒を飲んでオハイオ州シンシナティのハイドパークにあるスーパーマーケット「クローガー」内でふらついた後に服を脱ぎ始めたという。そして、全裸になり、レジに備え付けのバーコードリーダーのガラスにまたがると、踏ん張りはじめて一気にウンコを放出。

周りにいた客もさぞ唖然としただろうと思われるが、たしかにアメリカでは、警備上の理由で怪しい奴にトイレを使用させてくれない小売業は多い。特に夜間ともなればなおさらだ。しかし、いかに「自由の国」でもこれは許しがたい行為だ!しかも、仮にウンコをキレイに掃除しても、そのスキャナーの上をこれからも肉や魚が通過すると想像するだけでキモい!

名前のごとく『マーフィーの法則』…もとい!『マーフィーの放クソ』を実行したコリン。びん乱と公然わいせつの罪で現行犯逮捕されると、そのまま地元の拘置所に投獄された。しかしながら、保釈金2000ドルを支払い、現在は釈放されているという。

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る