半人半獣ミイラ「ワニ男ジェイク」…数奇な伝説と運命

下半身がワニのような爬虫類、上半身が人間の体(おそらく年配の男性)という謎のミイラが今も残っている。

このワニ男のミイラは名前を『ジェイク』と言う……そう、1880年代にアメリカの見世物小屋などで活躍していた半人半獣と伝えられているのだ。

このジェイクは簡単な質問をするとうなずいたり、首を振ったりといったコミュニケーション能力を持っており、さらにタバコを差し出すとおいしそうに一服するといったサービス精神も持ち合わせていたという。

残念ながら程なくして彼は亡くなってしまい、ジェイクを知る方法としては、その剥製がなんと、街中の私設博物館で披露されている。

ただし、生きていたころの写真や動画などの記録は一切ない。

とは言え、下のクリップをよく見れば分かる通り、ワニ男ジェイクのミイラは人間部分とワニ部分の境目が妙に細くなっているため、切断したワニの体に人間の体を取り付けたフェイクだと考えられている。

かつては世界中で見せ物や珍品として、伝説上の存在である妖怪達を剥製で再現することが流行したのだ。

ワニ男ジェイクもそのうちの一つであり、また本来は人魚などに使われるはずだったサルの上半身とワニの下半身を繋いだものではないかとみられている。

なぜなら同じく加工された「人魚のミイラ」の中に、ジェイクとよく似た顔立ちのものが存在しているからだ。

こういったフリーク系の剥製は、職人によって成型の仕方や姿形が似通ってくるとされている。

ワニ男ジェイクは、職人が思いつきで作ってみたところ思った以上の反響を得るに至った事例なのかもしれない。

関連動画
Meeting Jake

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る