『ルパン三世』作者、モンキーパンチさん死去 追悼作品どれが相応しい?





2019年4月17日未明、『ルパン三世』などのヒット作で知られる漫画家のモンキーパンチ(本名:加藤 一彦)さんが、肺炎のため先週4月11日に亡くなっていたことが発表された。81歳だった。

代表作である『ルパン三世』は、現在まで連続アニメが5シリーズ、アニメスペシャルが26作品、アニメの劇場版が9作、実写版が2作も制作されているメガヒット作品で、「漫画アクション」に初登場した1967年から現在まで老若男女、世代を超えて愛されている。

この訃報をうけて、4月17日、ルパン三世のテレビスペシャルなどを放送していた『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系列)は、4月19日に放送予定だった『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』の放送を急遽変更し、モンキーパンチさん追悼で『ルパン三世』の劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』(1978年)の放送を決定した。




この急遽の番組差し替えは、多くのルパンファンおよびモンキーパンチ作品ファンである視聴者たちに好意的に受け止められたが、その一方、以下のような声もあるようだ。

それは劇場版第1作目の『~複製人間』ではなく、第6作目の『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』もしくは『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』を放送して欲しかったという声である。

『~DEAD OR ALIVE』は原作者であるモンキーパンチさんが、初めて監督したルパン作品であり、「追悼としてはこちらの方がふさわしいのでは?」との声は多い。また、『ルパン三世VS名探偵コナン ~』は、ルパン三世と名探偵コナンが共演した「お祭り作品」で、当初の放送予定が『コナン』であったことを考えると、『ルパン三世VS名探偵コナン』を放送すれば、コナンファンも楽しく見ることできたのではないか、との意見もあるようだ。




ただし、今回の『~複製人間』は急遽の決定事項であり、今後の日本テレビによる編成次第ではモンキーパンチさん追悼で、『~DEAD OR ALIVE』や『ルパン三世VS名探偵コナン~』が放送される可能性は大いにある。

最後になったが、これまで素晴らしい作品の数々を残してくれたモンキーパンチさんへ、心からのご冥福をお祈りしたい。

関連動画
『ルパン三世 ルパンVS複製人間<4K ULTRA HD>』2019.03.20 RELEASE /”LUPIN THE 3RD THE SECRET OF MAMO” 4K ULTRA HD

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る