引っ越し先は悪意に満ちた幽霊の住む物件だった!?





アメリカはフロリダ州、リーハイエイカーズの7丁目に位置するこの家に住む家族は、引っ越して以来奇妙な現象に悩まされているという。

当初は突然大きな騒音が聞こえたり、物体が家のある場所から別の場所へと不可解に移動するなど比較的無害なポルターガイストだった。

しかしやがて、異変はかなり不吉なものへと変わっていく。テレビ等の家電が壊れたり、家族に向かってナイフが飛んでくるなど、危険な現象が起きるようになっていったのた。




恐ろしくなった家族は原因を突き止めるため、超常現象捜査官のLee Ehrlich氏に依頼した。

彼は問題の家に様々な危機を設置、不可解な謎の音波が検出されたことを受けて「人々が超自然的と呼ぶかもしれない何かが家の中にあると思われる。間違いなくここで起こっていることの解明には詳細な調査が必要となる」と語る。

今のところ、誰が、あるいは何がこの怪奇現象を起こしている原因になっているのかは謎のままであるが、専門の調査団とともに更なる専門的な調査を行う意気込みを明らかにしている。

関連動画
Is this house in Lehigh Acres really haunted?

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©NBC2 News / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る