【昭和の珍事件】謎の火災の原因…まさかの「雀」によるリベンジだった!?





日本のおとぎ話のひとつ「舌切り雀」。ご存知、心優しいお爺さんが助けた雀から恩返しされるというお話が物語るように、雀は人間から受けた恩は忘れない動物であるとされている。

その一方で、「舌切り雀」に描かれている通り、雀は自分が受けた恨み辛みも決して忘れない動物でもあるという……。

その雀が人間に報復した!?という「怪談話」が1933年(昭和8年)4月19日の読売新聞に掲載されている。




1933年3月30日、神奈川県横浜市のとある民家で火災が発生した。火はすぐに消し止められ、幸いにも怪我人や死者は出なかったが火元がどこだったのかはまったく不明だった。

当初は放火魔の仕業が疑われたが、捜査の際、奇妙なことが判明した。火元は火災のあった家の天井であり、とても人間が登れるような高さではなかったのだ。

そのためか、読売新聞では「雀が火をつけた」との大胆な仮説を紙面で紹介している。

記事によると、この家には、3月くらいから親雀数匹がせっせと巣を作っていたのだが、この家に住むワンパク小僧がイタズラで竹槍を使ってそれを破壊し、雀の親子を叩き出してしまったという。そして、住む家を失った雀たちはワンパク小僧への怒りから、自然発火が発生しやすい場所に巣を作り、ついには家を燃やしてしまったのではないかというのだ。




当然、常識で考えれば、雀が人間に対する恨みで火をつけるということは有り得ないだろう。しかし、当時の読売新聞が至極まじめにこの説を唱えているのはとても興味深い。

空気が乾燥しているために火事が多いこの季節。特に今年1月に入ってから降水量が著しく少ないために、このところ大きな火災事故が頻発している。火の元には常日頃から気を付けたいものである。

(文:穂積昭雪 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る