古代からの聖地が積み重なりピラミッド状に…インドネシアに残る寺院の遺跡





インドネシアで発見された巨大なピラミッドのような構造の遺跡は、実は何千年もの間埋もれていた古代の寺院であった可能性があるという発表がなされて注目を集めている。

12月12日にアメリカ地球物理学連合(AGU)の年次総会にて発表されたのはインドネシアはジャワ西部パダン山の頂上には、19世紀初頭に発見された遺跡があり、石柱が並んでいる様子が確認できるものだった。




しかし、その下にある斜めの “丘”は、自然にできた岩場による景観の一部ではなかった。それは人間の手によって造られたと科学者は発見した。 (地球上の25の最も神秘的な考古学的発見)

インドネシアの地質学者、Andang Bachtiar氏は、プロジェクトの中核となる掘削と土壌分析を監督して判明したと語る。

山の頂上には玄武岩の柱と階段状のテラスで構成されており。岩石柱により壁、通路、広間が形成されていたという。この層は約3,000~3,500年前に形成されたと見られており、それ以前より古代の人々が祭祀に用いた層が順繰りに積み重なっていって現在のようなピラミッド状の構造になったものとみられている。




調査結果によれば一番古い階層は28,000年前にまで遡る可能性があるという。また、地下に複数の部屋が検出されたとの報告も存在しており、まだまだ調査の必要があるとみられている。

現在も地元の人々は、祈りと瞑想のための聖地として、構造物の上部に露出している場所を使いているとのこと。昔から多くの人々の畏敬の念を受けてきたこの場所は、今も昔と変わらず人々の祈りを集めている。

関連動画
‘Pyramid’ discovered in Indonesia may be the oldest in the world

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Mystery History/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る