江戸時代の文献にも登場する怪獣のような見た目の妖怪「網剪」





 網剪は鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に登場する妖怪だ。

 エビのようなひょろりと細長い体に、カニに似た鋏の手、大きな目にくちばしを備えた奇妙な姿をしており、『画図百鬼夜行』ではこれが室内に入ってこようとしているのか、縁側の近くを飛んでいる網切りの様子が描かれている。

 よく近年の解説書にはこの妖怪が漁村の網を切り裂く、蚊帳を切り裂くなどの悪戯を行うと書かれていることが多いが、これは近代になってからの創作ではないかとする説もある。

 名前も似ており、鋏の手を持っていることから、人間の髪を切るとされた妖怪「髪切」と同一視される事もあるが、実際はどのような妖怪だったかが全く解っていない謎だらけの妖怪でもある。

(山口敏太郎/田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「網剪」(網切)Wikipedia




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る