【都市伝説】吉澤ひとみと高橋祐也の裁判、同日開廷は偶然!?





今年9月、東京都中野区内で飲酒運転により男女2人に軽傷を負わせた罪に問われている「元モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告の初公判が、11月29日に東京地方裁判所にて行われ懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

吉澤被告は起訴内容を認めたうえで、「被害者の方に本当に申し訳ないことをしたので引退しました」と芸能界からの現役引退に至る経緯を語った。

関連動画
【報ステ】吉澤ひとみ被告 懲役2年執行猶予5年(18/11/30)






元トップアイドルの飲酒事故によるこの裁判判決多くの世代に注目を集めていたが、実はこの日、もうひとりの芸能人も東京地方裁判所で審判されていた。

その人物とは、女優・三田佳子の次男で元俳優の高橋祐也容疑者である。高橋被告は2018年9月、東京・渋谷区の自宅で、覚せい剤を使用した罪に問われていて、検察側は懲役2年6月を求刑し即日結審した。

関連動画
高橋祐也被告 起訴内容認める 懲役2年6カ月求刑(18/11/29)






この日の東京地方裁判所では午前中11時に高橋祐也被告、そして午後2時に吉澤ひとみ被告の公判が行われた。つまり、まさかの同じ場所で芸能人が連続で法に裁かれることとなった。そのため、両裁判の傍聴の抽選会は裁判マニアの間で争奪戦となり、多少の混乱が起こったようである。

吉澤と高橋の裁判が同日に行われた経緯は不明だが、噂によるとマスコミが集まりやすい芸能人の裁判は他の裁判の迷惑にならないように、できる限り同日に行われるように取り図っているという。もちろん、これらの日程割がうまくいくとは限らず、ほとんどのケースで同日に行われることは稀である。しかし今回は同日開廷として上手く調整されたようだ。

なお、ATLASでは吉澤の公判日が11月29日だったことに対しての都市伝説をアーカイブを公開しているのでこちらも是非ご参照いただきたい。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る