「ビッグフット活動の兆候を見過ごしていませんか?」

北米大陸を代表するUMAのビッグフットは、目撃証言だけでなく足跡やふん等の痕跡が確認されることも多い。

ある専門家によれば、ビッグフットがその地域で活動していることを示す特別な兆候を知れば、何気なく見過ごしていたビッグフットの痕跡を確認し、あわよくばとらえどころの無いビッグフットの姿を拝む事もできるかもしれない?という。

ケンタッキー州在住のビッグフット研究家であり民間の調査団体「クリプト・クルー」の創設者でもあるトーマス・マーカム氏によれば、ビッグフットを詳しく研究している人の多くは「意図的に倒された木や特定の配置で組まれた枝」は、ビッグフットが近くにいることを意味する可能性が高いと考えているそう。




特に特徴的なのは自然に組み上がったというよりも、人為的に組まれた可能性の高いアーチ型やX字型、あるいはティピー(※ネイティブアメリカンが平地に組む円錐形のテント)のような構造で組まれている枝があった場合、その正確な意味については分らないものの、人間が普段立ち入らない所に組み上げてあることからビッグフットが何らかの意図をもって造り上げた可能性が高い、とマーカム氏は語る。また、設置された場所によって形や意味が異なる可能性もあるとか。

これらの意図を読み解く事ができればビッグフットの生態や考えている事も解るかもしれない、とする研究者もいるが、流石に現時点では安易な判断はできないとのこと。更なる調査が必要としつつも、ビッグフットを見てみたいと思う人は森の中でこれらの痕跡に注意してみては、とマーカム氏は提案している。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: Tim @ Photovisions Nebraska on VisualHunt

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る