4万年前に描かれた動物の姿 最も古い洞窟絵画がインドネシアで発見される





インドネシアのボルネオにて、世界で最も古い動物を描いた洞窟絵画が発見された。

研究結果では、少なくとも4万年前に描かれたものとみられている。以前本アトラスでは、インドで発見された一万年前の人々が残した岩絵について報告したが、今回の発見はその記録を更に上回るものとみられる。

この壁画はオーストラリアとインドネシアの考古学者のチームによって発見された。

関連動画
40,000-year-old cave paintings discovered could be oldest ever






オーストラリアのグリフィス大学考古学者マキシム・オーベット氏は、「ボルネオ島にて発見されたこの巨大な壁画には、野生の牛など未知の動物も含まれて描かれている。現在確認されている中では、最も初期の比喩的な絵画であると思われ、狩猟で得た食料としての意図だけではなく、この動物が特別なものであるという意味を内包するものと考えられる」と語っている。

サイエンス誌によると、この絵は近くのスラウェシ島の壁画より4,000年以上古く、洞窟内には広さ約5フィートの動物の絵画に加えて、赤と紫色でステンシル状に描かれた手形、人々の営みの風景などの絵が存在していたという。

今回の発見から、人間の文化史における最も重要なイノベーションの一つである洞窟芸術は、東南アジアの「原始的な芸術家」たちがその発展の鍵を握っているという仮説が導き出されるという。




人類は氷河期頃に、洞窟に壁画を描き初めたとされているが、「これが偶然であろうと、広く離れた地域での文化的収斂と、ユーラシア人の大規模な移住が関係している可能性がある」と考えられている。

しかし、「ボルネオの洞窟に壁画を残した種族は何だったのか、彼らに何が起きてここに定住し、そして消えていったのかは不明である」とインドネシアの考古学者Pindi Setiawan氏は述べている。

最古の洞窟絵画はこれからさらに調査・研究が行われるとのこと。更なる真相解明が期待される。

関連記事
岩壁にびっしりと描かれた無数の手形 クエバ・デ・ラス・マノスの洞窟
岩に刻まれた無数の動物…一万年前の人々が残した岩絵がインドで発見される

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部/山口敏太郎事務所)

画像&動画©ODN/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る