歌丸ラストの『笑点』は山田くんの動きに要注目!

5月22日に放送される『笑点』生放送は番組開始以降、50年におよびレギュラーを勤めていた桂歌丸が勇退する。

現在インターネットでは「次期司会者」について様々な議論がされているが、自称「笑点ビギナー」の隠れた見所は「座布団運び」の山田隆夫の動きであるという。

山田くんはレギュラー放送では終始座布団運びに徹し、回答することはまずないがスペシャル版では山田くんが「私もいいでしょうか!」と自ら手をあげて回答することがある。現に2006年の五代目三遊亭圓楽の引退大喜利ほか、2009年のさよなら圓楽さん追悼大喜利では、山田くんも出題に対し一問答えているのだ。

しかし山田くんは、何か面白いことを言うわけではなく圓楽引退大喜利では「師匠~!」と叫び圓楽へ頬ずり、圓楽追悼大喜利では「師匠!今までお世話になりました」と泣きながら圓楽へ感謝の言葉を述べるだけあった。

特に追悼大喜利での山田くんの号泣回答はあまりに唐突すぎたためか、観客席から「あ~」という感動とため息がまじった声が発せられていたほか、司会の歌丸からは「素人ってのは恐ろしいねぇ」と野次られていた。

今回の歌丸笑点引退大喜利でも、例年通りなら山田くんの回答は行われるはずだが、前回同様あまりに空気の読めない回答になることが予想されており「山田はどうでるか」の予測が立てられている。

文:空桶右太衛門





 


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る