『特撮プチ放送禁止映像大全!!』原因はクスリ…災害と重なった…





現在、CS放送の「テレ朝チャンネル」で、放送中の『仮面ライダーW』が、特撮マニアの間でちょっとした物議を醸し出している。

本作は、2009年9月6日から、2010年8月29日まで放送された、いわゆる「第2期平成仮面ライダーシリーズ」の1作目に当たる。

主役の1人には、今や超売れっ子俳優となった菅田将暉が出演した事もあり、特撮マニアのみならず、彼のファンにも認知されてる作品だ。

さて、本作の第11話と第12話が、前述したテレ朝チャンネルの再放送では、何故か放送されないという事態が発生し、ファン達の間では(何故????)という疑問が広がっている。




本エピソード自体は、特に放送禁止になるような箇所は無く、実際に初回放送でもクレームなどの類いは発生しなかったし、映像ソフトにも収録済みだ。

では、何故、再放送ではカットされたのだろうか?その理由は、該当エピソードの出演者に事情があると思われる。

第11話と第12話に登場するゲストキャラクターの山村康平役を演じてるは、名優・橋爪功の子息である橋爪遼なのだ。

ご存知の通り、彼は2017年6月2日に覚せい剤所持の罪で逮捕されて、世間を騒がせた事は記憶にも新しい。そして、この騒動の影響を受け、EXILEのATSUSHIが主題歌を担当する映画『たたら侍』は急遽上映中止(後に、彼の出演場面をカットして、再上映された)になるなどの事態が発生していた。

恐らく、橋爪の覚せい剤による不祥事が起きなければ、テレ朝チャンネルの『仮面ライダーW』も、前述したような再放送カットという事は発生しなかったのではないだろうか?




また本作のように、エピソードの内容には何の問題も無く、映像ソフトも発売されてるにも関わらず、近年に再放送を見送られた不遇な特撮作品は他にもある。

それは、1971年4月2日から1972年3月31日に放送された『帰ってきたウルトラマン』の第13話と第14話がそれに当たる。

このエピソードは、津波を巻き起こす能力を持つ夫婦怪獣が東京を襲撃するという物語で、内容の関係上、津波などによる災害で、都市部が破壊されるカットが多数存在。

本作は、CS放送の「ファミリー劇場」で、2011年から翌年に渡って再放送を行なっていたのだが、奇しくも前述したエピソードが、「3.11」こと、「東日本大震災」の直後に放送時期が重なってしまったために被災者の心情を考慮し、再放送を見送られた経緯があった。

このような事情であれば、特撮マニアも(致し方無い)と納得も出来るが、『仮面ライダーW』のように、出演者の不祥事で、何の罪も無い作品が公の場で流されないというのは、許されざる事ではないだろうか!?

(サブカルライター:平山賢司 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像㊧『仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 3<完>』㊨『帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る