【ありがとう】亡くなった愛犬の毛が入ったぬいぐるみと不思議な写真!





東京都内の西多摩地域に住むご家族のもとで不思議なことが起こっている。

自営業で運営していたお店の看板犬がなくなってしまい、その毛をぬいぐるみに入れて大事にしていた。

すると家族が写真を撮ると時折、緑色の光が写真に入り込むようになってしまった。虹の橋を渡ってしまった愛犬からの愛情あふれるメッセージであろうか……。






「敏太郎先生こんばんは。友人が孫を撮った写真ですが緑のもやもやが映りこんでいます。友人曰く建物のかげでうつしたので太陽光ではないそうです。何だと思いますか?」

「この子が持ってるぬいぐるみは亡くなった愛犬の抜け毛がつまってます。愛犬はこの子が産まれてからずっと寝起きを共にしてきました。愛犬が亡くなってからこのような現象が出ると言ってました」

「犬はメイちゃんと言います。トンカツ屋(昭島市)を営んでいてお店の看板犬でした。虹の橋にわたってしまったのでお店も閉店しました。男の子は、Uくんといいます。撮影は昨日、青梅市です」

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像はすべて投稿者より




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る