ピエロ姿で住民を襲う!イギリスでキラークラウンが出没中か!?





今月は、特にイギリスで、不気味な鳴き声の報告が不安定に増加していました。

忘れられないハリウキンは、特に勇敢になっているようです。数週間前に子供たちを脅かすナイフをかぶったピエロの報告に続いて、私たちは不気味な現象が復活するかどうか疑問に思った。英国および他の地域における最近の出来事に基づいて、私たちの懸念事項は十分に確立されているようです。

先週、イギリスはシッティングボーンの町にで十代の若者たちが、「野球のバットを振り回すピエロ」に追いかけられたと訴えた。現地メディアの報道によると、何者かが、不気味なマスクを着用したうえで、赤いかつらと「ピエロの赤い鼻」をつけたものだった。不気味なピエロはやがて彼らの追跡をあきらめ、子供たちは警察に通報。しかし現場に到着した時には警察はピエロ姿の怪人の痕跡を見つけることはできなかったという。




この事件を受けて、今週イングランドは北ベンフレット村の住人がコミュニティーに出没するピエロ姿の不振人物についての警告をソーシャルメディアで行ったところ、さらに驚きの報告があった。別の女性がピエロ姿の怪人に襲われていたというのだ。

その女性は赤信号で停車していたところ、突然他の車からピエロが出てきて、彼女の車の中に入ろうとし、車の窓を叩き始めたのだという。幸いにも、車のドアがロックされていたので、女性はこれ以上の災難からは逃れることができたという。

人々を襲撃するピエロの話がネット上に報告された同日、ネットでキラークラウンに扮している不気味なピエロのキャラクターが、彼のフォロワー達に「今復帰する予定だ」と警告のコメントを残した。「ドンカスター・クラウン(Doncaster Clown)」と名乗るその人物は、「私は戻ってくる、子供たち、誰か遊びたいの?」と彼のFacebookページに書き残した。しかしこのアカウントは都市伝説のキラークラウンを模しただけのアカウントであり、騒動に乗っただけとみられている。




現在、欧州では不気味なピエロによる事件が相次いでおり、同じ週にデンマークでもの十代の女性が、ピエロに追われてスクーターで自損事故を起こしてしまい、骨折等の重症を負った。犯人として若い男が警察に逮捕されたそうだが、犯行は大きく報じられなかったという。

近年欧米ではキラークラウンに扮しての度を越したいたずらが増えており、特にハロウィンが近づくと激しくなるとされている。今後更なる悪質ないたずらが増えないか、近隣住民は不安を抱いているという。

関連”イタズラ”動画
KILLER CLOWN PRANK an GROSSEN BRUDER ESKALIERT!!! | BEASTLIKE

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る